前へ
次へ

本当に痛くない、鍼灸治療の基本とその効果

身体の痛みや不調が楽になる鍼灸治療は古代中国で生まれ、その後東アジア各地へと広まった伝統的な治療法です。鍼灸は漢方とともに東洋医学の柱を担い、長い間私たちの健康を支えてきました。鍼灸治療の基本は、鍼や灸を利用して身体のツボに刺激を与えることにあります。それにより人体が備える自然治癒力や免疫力を高め、治療の効果を生み出すのです。そのため実はよく知られている運動器や神経系の問題だけでなく、内科や婦人科系など幅広い医療分野で活用することが可能です。鍼や灸と聞くと、最初は何となく恐怖感を持つ人も多いでしょう。特に身体に鍼を刺すといえば、痛そうに感じるかもしれません。けれど実際は非常に細い鍼を専用の器具を使用して挿入するため、ほとんど痛みを感じることもありません。鍼灸治療は身体の悪い部分に直接働きかける西洋医学とは異なり、全身のバランスを整えることによって健康の増進を図る東洋医学の方法です。そのことから、現代医学で治療法が確立されていない症状に対しても利用される場合があります。また最近では、医療分野だけでなく美容のために活用する人も増えています。

Page Top